ホームページのデザインは、どの様に考えれば良い!?その考え方とは?

コンテンツの内容に合わせてデザインを考える

ホームページのデザインを考える人の中には、先にデザインを考える人もいるかもしれません。コンテンツの内容とデザインのミスマッチは、ユーザーに違和感を与える可能性も高まります。例えば、女性向けの柔らかいイメージが漂うデザインに対して、ニュースなどの固いイメージのあるコンテンツは、固い印象を与え、デザインとコンテツの調和が保たれなくなってしまう場合もあるのです。子供向けのコンテンツは、グラデーションを抑えた様な分かりやすいデザインが良いでしょう。大人の女性向けによるコンテツであれば、きめ細かく美しい様なデザインを心がけると、コンテツに調和が生まれ違和感を与えないデザインになります。

丸みのある要素は、人の意識を集める効果があるはず

ホームページのデザインを考える場合は、ホームページのみに意識が集まっていませんか?。ユーザーの多くは、検索エンジンの検索窓からキーワードを入力し、様々なホームページを見ながら足を運んでいるはずです。ホームページのデザインを考える場合は、ユーザーのスタート地点から考えなければなりません。検索エンジンの検索窓は四角い姿をしていますよね。ほとんどのホームページでは、四角い要素でデザインが構成されているでしょう。分かりやすくイメージすれば、四角いダンボールを並べた様なイメージをしています。その中に、丸いダンボールが一つあれば、希少価値として、そのダンボールを引き立てる事ができるはずです。ホームページを丸くする事はできませんが、ホームページのデザインに対して、丸みのある要素を取り入れば、ユーザーの注意を向けれる可能性も高まります。

レスポンシブデザインとは、アクセスしてきたデジタル端末モニターの解像度やブラウザによって表示方法を最適化できることが利点です。