明るく長持ち!照明を取り換えて快適な居住空間を演出しよう!

LED照明の特性と家庭での使い方について

LED照明は従来の照明機器と比べて明度が高い特性があります。また、放出された光が拡散しにくいのもLED照明特有の性質なので、スポットライトのように遠距離から特定の部分を明るく照らすのに適しています。電力消費量も少なく、機器が発熱しにくいことから長時間使い続けることが容易なのも利点の一つです。近年では製造技術の向上によって安価で購入出来るようになったことから家庭でも広く普及しています。維持コストが低いことから家庭内の照明をすべてLED照明に交換する世帯も増えていますが、その一方で使い方によっては却って電気代が嵩んでしまうケースもあるので注意が必要です。LED照明は長時間の使用に適している反面、頻繁にスイッチを切り替えると性能が落ちてしまいます。そのため、短時間で照明のスイッチを切る場所には不向きな点を把握することが大切です。

屋外でLED照明を使う利点と安全管理

LED照明は使用時に紫外線を放出しないため、虫が集まらない特徴があります。そのため、屋外で使用しても周りに虫が飛来する心配がありません。住宅では庭やガレージなどの屋外設備を明るく照らすのに適していますが、配線設備は従来の照明機器と同様に水濡れに弱いことからカバーなどで保護する必要があります。特に複数のLED照明を使用する場合は配線設備の安全性を重視する必要があるので、専用の設備に交換するのが賢明な対処法です。極端な気温の変化も照明設備を傷める原因の一つなので、断熱材で周囲を覆うのも長く使い続ける工夫の一つになります。

ledパネルとは、ledを使って広告等のデザイン面を明るく照らす看板です。この看板は、ledを使っているため、寿命は長く、また、広告がクッキリと見えるというメリットがあります。