モバイルファーストがあたりまえ!いまどきのWebサイトデザイン

多くの人がスマートフォンでネットサーフィンしている

通勤時間や何かの待ち時間。気がつけばスマートフォンをいじっていませんか?
いつでもどこでもスマートフォンでインターネットができる時代となり、デバイス別Webサイトへのアクセス率は圧倒的にスマートフォンからのアクセスが多くなっています。
これからWebサイトデザインはモバイルファースト(スマホ向けデザイン)が最重要視されることになります。

PC版とスマホ版両方対応のデザインが主流

スマートフォンのみにWebデザインを特化するとPCで表示した時に見づらいこともあるため、PC向けのデザインも必要となります。
デザインテーマではPCとスマホと自動で表示デザインが変わるものが主流となっており、アクセスしたデバイスによって表示内容が変わるものが多くなってきました。
また、画像や文章は共通のものを使用することが多いためスマホで表示するのに時間がかからない容量の画像を利用するなど工夫がなされています。

スマートフォン向けデザインの特徴と作り方

スマホとPCでの操作の最大の違いは「タップ」か「クリック」かの違いとなります。
スマホ向けのデザインでは、リンクではなく「ボタン」にするなどの工夫が必要です。
また、文章においても適宜改行を入れるなどし、1画面で表示されたときの読みやすさを重視した表示を意識します。
スマホを操作する上でスクロールであっというまにフッター情報にたどり着いてしまうことから、TOPへ戻るボタンを配置したり内部リンクを用意するなどフッターでさらなるアクセスを生む工夫をするのが特徴です。

まだ手作りのPCサイトしかない企業には、スマートフォンWebサイト制作は難しいと思われがちです。しかし現在では大半のCMSがスマホサイト作りに対応しているので、簡単に自社制作できます。