どこに気をつけて作る?スマートフォンWebサイト

スマホ全盛時代――スマートフォンWebサイトは必須

かつてWebサイトといえば、大画面のPCモニタで見るものでした。

が、時代はスマートフォン全盛です。いつでもどこでも、スマホにボイス入力で尋ねてみる――そんなことが当たり前になってきています。

企業などでも、スマートフォンで見られることを前提とするWebサイトを用意しないのは、もはや、みすみす「機会を逃す」行為であるともいえそうです。

スマートフォンWebサイトに必要なこと

スマートフォンWebサイトを用意するにあたって、もっとも必要なこと、それは「シンプルな見やすさ」です。

掲載する情報を整理し、必要最小限、かつ、インパクトの強いものにすること――。「折りたたみメニュー」を用いたりし、一度に見せる情報を絞りこむことが大事です。

まずは興味を持ってもらい、あとは、詳しい情報の載ったPC用サイトに誘導できるようにしておけばよいわけです。

これからのスタンダード「レスポンシブデザイン」

PC用Webサイトとスマートフォン用Webサイト、それぞれを別々に構築するとなると、工数も多くなり、情報の食い違いにも気をつかうことになってしまいます。

PC画面にも、スマホ画面にも、一つのサイトで対応できる――画面サイズに応じて、サイトの横幅のサイズが自動で変わる、これからは「レスポンシブデザイン」でのサイト構築が主流になってきます。

つねに一つのサイトだけを管理しておけばよいので、ミスも少なくなります。

「レスポンシブデザイン」でサイトを作るには

「レスポンシブデザイン」を用いたサイト構築には、高度なcssの知識が必要です。

が、市販のホームページ作成ソフトでも、「レスポンシブデザイン」に対応しているものがあります。ワープロ感覚で入力・デザインをすることができます。Webプログラミングに自信がない場合、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

スマホサイトとは、スマートフォンからのアクセスを前提にデザインされているため、スマホで閲覧した時に見やすいのが特徴です。