スマートフォンでWebサイトを快適に閲覧してもらうためには?

横に広いページは閲覧しにくい

スマートフォンはパソコンに比べて画面の大きさが小さいので、Webサイトを作成する際には注意が必要です。パソコン向けのWebサイトは大きな画面で閲覧するように、1ページに様々な情報が載せられています。スマートフォンで閲覧しようすると、何度もスクロールをすることになり大変です。横幅が広いデザインの場合は、横に画面をスクロールしないと文章を読むことができません。スマートフォンの画面に合わせて、1ページの横幅を設定すると閲覧しやすいWebサイトになります。

メニューバーの表示方法に注意

パソコン用のWebサイトには、各ページに移動するためのメニューバーが用意されています。スマートフォン用Webサイトでもメニューバーは便利ですが、表示の仕方に注意が必要です。パソコンの場合は大きな画面でWebサイトを閲覧するので、メニューが常に表示されていても問題はありません。しかし、スマートフォンは一度に表示できるサイズに限界があります。メニューを表示させたままだと、ページにある文章や写真の閲覧し難くなるでしょう。スマートフォン向けWebサイトでメニューバーを利用する際は、必要な時だけ開けるようにしておきます。

データの大きさに注意して写真を掲載しましょう

スマートフォンでは綺麗な画素数の高い写真も閲覧できます。しかし、屋外でWebサイトを閲覧する際には通信料が発生するので注意が必要です。やむえず大きな画像を掲載したい場合は、掲載したページに誘導する前にデータ量が大きいことを記載しておきましょう。写真の縮小版をサムネイルとしてページに表示しておくのも効果的です。サムネイルであれば写真の様子がわかるだけでなく、綺麗な写真を見たい人だけを次のページに誘導できます。

誰でも何処でも簡単に自分のサイトを作成、編集できます。設定さえすればPCからの閲覧も可能です。スマホサイト制作をするなら幾つもあるレンタルサーバーから無料で作る事が可能です。有料サーバーもあります。