知ってますか?ストレスチェックシステムとは?

ストレスチェック制度

近年、様々な要因から強いストレスを感じている労働者が増加しており、その抱えきれないストレスから精神障害を発症し、労災認定されるケースも増加傾向にあります。このような状況に歯止めをかけるため、ストレスチェックを義務づける制度があらたに創設、平成27年12月より施行されています。

どのようにチェックするの?

このチェックシステムはストレスに関する質問が書かれた調査票に労働者が回答する形で行われ、回答結果を分析して個人のストレス状態について調べます。この調査では労働者自身に自覚がないケースの隠れたストレスへの気づきを促す事に有効です。

結果が会社にばれない?

事業主に提出される検査結果は「集団分析」のみで、個人の結果は本人の同意がない限りは会社に知られることはありません。個人が特定されないようなシステムになっており、チェックの結果が原因で会社からの対応が変わるなどという心配はありません。

あなたは受ける?受けない?

ストレスチェック制度は、会社(労働者数50人以上の企業)に実施する義務がある一方で、労働者側には受ける義務がありません。しかし、実際に忙しい毎日に追われ、自分がストレスを感じていることに鈍感になっている労働者も多く、静かにストレスを蓄積してしまう人も多いのが現実です。本人へ通知されるストレスチェック結果には、ストレスに対するセルフケアのアドバイスなども記載されています。ストレスチェック制度を利用し、うまくストレスを発散できるライフスタイルを工夫、体調不調を未然に防ぎましょう。

ストレスチェックシステムとは、Web上で労働者がストレスチェックを受けられるシステムのことを言います。