どうすればいいの?ネット上の誹謗中傷対策

ネットでの誹謗中傷の深刻化

インターネットが発達し、個人が情報を簡単に入手、発信できるようになったことで、ネット上の誹謗中傷による風評被害問題は深刻なものになりました。情報の拡散が容易であり、一度広まってしまった情報をなかったことにするのは非常に困難であるためです。対策が遅れれば遅れるほど、情報は広まり、被害が大きくなっていきます。個人の場合もそうですが、特に企業は業績への影響も懸念されます。実際に風評被害が出てしまってから対策するのでは間に合いません。事前にマニュアルを作成するといった備えが必要です。

誹謗中傷対策として考えられるもの

ネットでの誹謗中傷対策として考えられるのは、まず問題のホームページを削除してもらうことです。拡散する前であれば、有効な手段となります。ですが、確実にそのページの削除できるとは限りません。対応に時間がかかる場合もありますし、それ以前に削除に応じてくれない場合もあります。そのようなときに利用するのが、検索上位に表示されないようにする逆SEOです。検索上位でなくなると、閲覧者は減少します。そうすることで、損害を抑えることができます。

悪質な場合は訴訟も可能

ネット上の誹謗中傷は匿名であることが多いですが、個人の特定が不可能というわけではありません。そして、誹謗中傷は罪に問うことができます。つまり、法に訴えることができるということです。悪質なものの場合、損害賠償請求なども考慮に入れる必要があります。その場合、問題の書き込み、メールといったものを保存しておくと証拠にすることができます。

検索結果で上位になりにくくなる逆SEOは、一見メリットがないように見えますが、実は誹謗中傷対策として利用されています。