新人研修を外部委託!社内で行わないメリットとは?

新人研修は外部委託が効率的

新人研修を行うのに大きな人件費がかかってしまっていることは多いでしょう。年度初めのこの時期だけは仕方ないという形で本来あるべき業務が少し滞るのもやむを得ないという判断していることも珍しくありません。しかし、新人研修は本当に社内で行う必要があるのかどうかはよく考えてみましょう。社会人になって新人に対してビジネスマナーや企業内の慣習を教えるというのは内容を理解しているのであれば誰にでもできることです。社内業務に特化して優れた働きをしている人材を研修に割いてしまうのは人材の有効活用とは言えないでしょう。新人研修はどの企業でも共通している部分があるため、それを専門としている業者に外部委託してしまうのが効率的です。企業理念や社内の慣習について柔軟に研修内容の対応をしてくれる業者を選べば、短期間で手際よく研修を実施してくれるでしょう。

独自の内容だけを別途実施

新人研修を外部委託するときのポイントとして、一般的な内容は委託しても専門的な内容は委託しないというのが重要です。その企業の独自の内容については社内で行った方が効率が良くなります。工場の見学を技術員に行わせるのは外部委託してはなかなかできないことでしょう。専門性の高い仕事に就く人材の新人研修では、社会マナーなどの一般的事項についての研修を他の人材と一緒に行い、その後で専門的な研修を行うという構成にするのが理想的です。このように外部委託を運用することで社内の生産性の低下を最小限に留めつつ、高い効果のある新人研修を行えるようになります。

企業が行う社員向けの各種研修の事です。雇用者が社員に求める必要な技術や知識を教育する事です。社員研修には新人研修、スキルアップ研修、マネジメント研修などがあります。